おそいひと、はやいひと

台風はまだのろのろと列島縦断中ですねこちらでは雨風とも恐れていたほどではなかったのですがたいへんな被害を被った方々もいらっしゃいますこころよりお見舞い申し上げますほんと、この先どうなってしまうのかな、おそろしい地球温暖化・・・H.pubescens Worcester Ex seedling Alec Selzer オランダのティシューものです4つのフォームを輸入したのですが、この4つ結構な差異があり面白いものですただどれもとても成長が遅い...

黒いスカブリ!

今日はもう一つエントリーですちょっとだけ面倒くさいお話をwこの黒いスカブリスピナなんですが意外なことにロックウッディやムクロナータと関連があるとの事、姿がかなり異なるのになんだか面白いですねまた産地のラングスバーグってハオルシアの産地でもけっこうな内陸のようですよこれより北方というとボルシーの産地、ビューフォートウェストやセミヴィヴァのグラーフ・ライネがありますねかなり乾燥の激しい地区のようですが...

いろいろ、ハオ

H.cv ’親指姫’スプリング系の交配種ですツルピカの盛り上がった窓、扁平に形よく葉を重ねる姿、いい品種だと思います成長も速く、またしょうも素直でとても作りやすいですねH.tenera  IB 07031 NE of Huntsdrift, on turnoff to Comittees Drift ハンツドリフトのテネラ特別特徴があるテネラではないのですが、こうアップで見ると繊細な姿がなかなかですそういえばロカリティにあるコミッティードリフトってカミンギーの基準産...

植え替え、その後…

今年も相変わらずの猛暑のようですね…(;´д`)トホホしかしながら休日はせっせとハオの植え替えを敢行しております三角窓の連中は夏が結構好きですし、この機にのって成長を促すのが得策では?などと、ぽつりwH.janvlokii GM267  Paardeberg, east of Kamanassie Dam 赤い色素を感じるヤンフロッキー、ピクタとコンプトニアナの中間的な形質を感じます大きくなりそうな雰囲気がありますがググってみても立派な親株、未見ですね...

たぶん、一番・・・

H.rooibergensis Rooiberg なんという繊細な美しさ・・・アラクノイデアやボルシーの系統とは一味も二味も違うこの姿・・・拙が一番好きなハオルシアかもしれませんルイージ・バチスタ氏由来のクローン個体ですH.erii VDV 443 Doornkloof, 27 km ESE of de Rust いとしのエリー・・・常とう句ですよねwしかしどうして大きくならないのでしょうか?特別弱いというわけではないのですが・・・さてデ・ラストってオウツフルンの北...