今週はかぼちゃのクッペ!

おはようございます!いや~朝のが気温、ずいぶんと下がってきましたね・・・自分的にはすこぶる快適です♪さて、今週は甘く煮たかぼちゃを生地に混ぜ込んだクッペを焼いてみました仕上げには、けしの実をふってみて香ばしく仕上げましたよしっとりとして優しい甘さのあるセミハードです焼成時間を長めにとったのでクラストはパリパリ!クラムとの対比が楽しめます自分的にはシナモンなんぞを加えてみたかったのですが、反対するヤ...

かさなる喜び!

Double Delight Bred by A.E. & A.W. Ellis (United States, before 1976). Bred by Herbert C. Swim (United States, before 1976). 殿堂入りの銘品、ダブルデライトです命名も最高!この香り、この美しさ・・・解説は不要ですね♪とはいえフォトジェニックとは言い難いバラなのですが、(とても美しいバですが決まったかおをなかなか見せてくれないのです!)恥ずかしながらこの写真、ちょっとよく撮れたのでは?と自画自賛です>...

こんなバリエーションはいかがですか?

ヒストリカルなハイブリッドティーがみどころな生田緑地ばら苑ですが、可愛らしいバリエーションや日本の育種家、小川宏氏の入手難なパティオローズもたくさん見られますバリエーションの豊富さ、これも魅力ですねNina Ananiashvili イングリッシュローズのようですが、小川氏のパティオですというか、コンパクトでこの色味、香り、素直な樹形、イングリッシュでもありそうでない銘品だと思います2000は黒点に弱く、ムンステッド...

'Elegant Lady' Werner Dr. Keith W. Zary (United States, 1998).& 'Laura '81' Marie-Louise (Louisette) Meilland (France, 1985).

華やかな二つのハイブリッドティーをご覧下さい時の流れ、世のはやりすたりを黙らせる存在感があります'Elegant Lady' Werner Dr. Keith W. Zary (United States, 1998)当日、もっともカメラマンの視線を集めいていたのがこのバラ、プリンセス・ダイアナの別称もあります 'Laura '81' Marie-Louise (Louisette) Meilland (France, 1985).81年の作出(発表は85年)、もうずいぶんと時が経ちましたが、朱赤のキリッとしたバラでこれ...

イングリッシュローズを

おはようございます!今日はイングリッシュローズをご覧下さいませ精緻な花型、素晴らしく馨しいかおり、その佇まい・・・依然人気は衰えることをしりません育種のセンスにはまさに洗練の極みを感じますね年数を経ると秋にもしっかり返り咲くいう、トールシュラブの醍醐味をこのばら苑では確認することができるのですSister Elizabethまったくもってオールドローズの面持ち、これで真っ赤なモスが枝やガクにびっしりあったら・・・...

Garden Party Herbert C. Swim (United States, 1959)

週末、お気に入りの「生田緑地ばら苑」に出かけてきました好天に恵まれ、とても気持ちの良い時間を過ごせましたよ♪だらだら坂をえんやら登った先、急峻な階段を頑張った先に急に開ける・・・ちょっと秘密の花園的なばら苑なんですボランティアに方々による素晴らしい管理で、秋のこの季節、今年もじつに良く咲いています!連日、一品種づつご紹介していきますのでどうぞお付き合いくださいませ~まずは銘品中の銘品、大好きなガー...

アンジェラ

きっと自分の庭には植えることがないと思いますが、この時期ちょっと控えめに咲いていると「いいな!」と思ったり・・・そんなバラってありますよねカクテルなんかもそうなんですが、このアンジェラもなかなかかわいい花を咲かせますね脱線ですが「アンジェラ」、ボブ・ジェームスの名盤「タッチダウン」に収録されたジャズフュージョンの名曲をご存知でしょうか?ある程度の年齢の方なら(失礼ですね>汗)曲名は知らなくてもきっ...

今朝のバラ

如何に早起きな自分としても平日はゆっくりバラを眺めている時間はありません実に勝手な話ですが、まだ巻のかたいうちにカットして、卓上に飾るのが身近で楽しむ一番の方法かもしれませんね下手っぴな写真ではこのバラの見事な立体感、威風、優雅さは全く伝えられないのですが・うっすらと緑を帯びた神秘的なクリームにわずかに色めいたピコティ、鈴木先生の傑作「魅惑」ですダマスクに甘いティーを加えた柔らかな香りも素晴らしい...

雨と・・・

おはようございます雨ですね・・・明日も雨模様の予報、すこし気が滅入りますがたまの雨も恵みの雨、よしとしましょうそぼ濡れるティーのオメールとイングリッシュのレディ・エマ・ハミルトンです...

少し気に入った2葉

季節外れに咲いていたビヨウヤナギです生花では「ビジョヤナギ」という名前で扱われていますね少し調べてみたら楊貴妃との関わりもあって・・・ちょっと面白いですねヒペリカムの仲間は時折秋に返り咲くことも多いようですそして定番のコスモス、群れ咲いているよりもこんなかんじが自分的には好きかもマクロは写真下手を少しごまかしてくれます(´Д` )...